浮いた浮いたで暮らしたや

吾輩の視界が、ひょいと昇る。
見慣れたラグの柄も、高くから見下ろす。

ヨッピーはよく吾輩を抱きかかえる。
そして立ち上がり、吾輩を腕のなかに抱いたままうちをぶらつく。

溜まった気分は地面に置き去りにして、ふわわと浮くのだ。

赤ちゃんのようだと言うマリンをも見下ろして、ぬくい胸のそばで、視界だけの探検をする。

小箱のなかの小箱

朝、皆んなが小さな輪になっていた。
見て見てというので覗きにゆくと、ヨッピーが小箱を開封しはじめる。

三人はずいぶん楽しそうにしているが、小箱から出てきたのはまた小さな箱であった。

これはヨッピーのあたらしいスマートフォンで、吾輩をたくさん撮りたいのだと話す。

ニコニコしている三人を見回し、吾輩はまだしばらく、輪のなかで横たわっておくことにした。

眺めの良い席

この家には、住人の数以上のイスが並んでいる。
それぞれに好みがあるらしいが、吾輩にもお気に入りがあるのだ。

どのイスにも背もたれがあるが、吾輩のお気に入りには、腰部分が空洞のものである。
これは台所のすぐ近くに位置していて、寝そべると台所がよく覗ける、特等席なのだ。
ときどき、眺めているうちに眠ってしまう。

台所は、なぜかいいにおいの生まれる、魔法的な場所である。
吾輩の食事も、皆んなの食事も、ここから運ばれてくる。

5時間のなかの20分

昨夜、ヨッピーが席を立ち、ラグの上で「20分だけ」と言って仮眠をはじめた。
彼女はとうとつに動くのだ。

吾輩は空いた席に飛びのって、仕事をするマリンのとなりで毛づくろいをする。

布きれが視界にちらついた。
肘かけから垂れたそれをつついて、噛み、引っ張り、仕留めかけていたはずが、ふと気づくと外が明るくなっていて、どうやら手をかけたまま眠ってしまったらしい。

向こうをみると、ヨッピーはまだぐっすりと眠っていたので、吾輩ももういちど眠ることにした。

観察は円状に

ヨッピーとマリンは、一晩以上うちを空けると、ほとんど必ず「おみやげ」を買ってくる。
吾輩からねだったことはないが、どうしても買いたくなるのだという。

ふた晩空け、そして昨夜帰ってきたふたりは、めずらしく、早々に眠りについた。
そして朝になって起きてくると、笑みを顔いっぱいにためこみながら、「おみやげ」を取り出したのである。

それは、これまででいちばん大きな「おみやげ」であった。
赤ら顔の、不気味な目をしたやつで、どんと横たわっている。

それをじっと観察している吾輩を、ヨッピーとマリンがじっと見つめている。
彼女らに向かって顔を上げると、あわててそっぽを向くのだ。